最近導入されて電力自由化|最良会社を比較するときのポイントを解説

環境に優しい発電とは

近年バイオガス発電が注目されていますが、これは、家畜の糞尿や生ごみなどからガスを生成する方法です。ごみなどが材料なので、安定した供給ができ、また温室ガスを発生しないため、地球に優しく発電できます。バイオガスプラントは、大体1億から2億ほどかかると言われていますが、この先も増えていくと考えられます。

通信会社と電力会社

灯の灯る街

コラボするメリット

好みの電力会社から電力を買うことが可能となる、電力自由化が開始されました。それによって、もともとの電力会社はもちろんのこと、今までは無関係だった業種の会社も続々と電気事業者として名乗り出てきて、多くの事業者たちがしのぎを削る状態となっています。こうして電力自由化がスタートしたことで、顧客側はどこが一番良いのかを比較するようになったのです。今までは電気を独占販売していた電力会社も、顧客確保のために奔走することになりました。そして比較対象となっている業者の中で、通信会社にはもともともとの電力会社が所有していないメリットがあります。そのため、電力会社側は通信会社と提携することで、そのメリットを得て顧客を逃さないよう、営業努力を実施するというサービスに出ました。そのメリットの内容としては、従来の電力会社にはない営業拠点を通信会社は日本全国各地に所有しており、すでに多くの顧客を持っていて契約しているというものです。それゆえに電力会社側からしてみれば、通信会社の持っている営業拠点と顧客とのつながりは喉から手が出るほど欲しいものです。逆に通信会社からしてみれば、知名度や資金力、営業拠点は持っていても、電力のノウハウや発電装備を所有していないため、電力自由化に乗り出すにはハードルが高い面もあります。そこでお互いに強みの部分をいかして弱みの部分を補うために、電気会社と通信会社が提携を結ぶという結果につながり、新たなサービス体制が整ったのです。こういった理由から、本来ならば電力自由化による比較対象でライバルでもあるはずの電力会社と通信会社という企業同士が提携するといった結果になります。それによって比較対象だったはずの二つの大手企業がそれぞれのデメリットを埋めてメリットを生み出すことになるのです。さらにはそこから新たなサービスなども生まれる可能性も出てきており、今後の動きに注目が集まっています。

自由化で得られるメリット

電力自由化は2016年4月よりスタートし、消費者は自由に会社を選べるようになりました。プランも様々発表されています。新電力は携帯電話やガスのセット割、電気料金を支払うとポイントがたまるサービス等を提供しており、自分にあったサービスを比較し、選ぶ必要があります。

電気料金乗り換えとは

電力自由化が始まって一年以上が経ちます。気になってはいるけれど、どう安くなるのかが分からない方はネットで簡単に料金比較をすることができます。手元に検針票を用意すれば、いくら節約できるのか具体的に確認することが可能です。